top of page

梅雨の体調管理:鍼灸師が教えるおすすめの食事法





梅雨の季節は湿気が多く、体調を崩しやすい時期です。湿気による体の不調は「湿邪」と呼ばれ、体内に余分な湿気がたまり、消化不良や疲労感、むくみなどの症状を引き起こすことがあります。鍼灸の観点から、梅雨を健やかに乗り切るための食事法をご紹介します。


1. 湿気を取り除く食材を選ぶ

湿気を体から取り除くために、利尿作用のある食材を積極的に摂りましょう。以下のような食材がおすすめです:

  • 冬瓜(とうがん):利尿作用が強く、体内の余分な水分を排出します。

  • きゅうり:体を冷やし、利尿作用があります。

  • 小豆:むくみ解消に効果的で、体内の水分バランスを整えます。


2. 消化を助ける食材を摂る

湿気が多いと消化機能が低下しやすいです。消化を助ける食材を取り入れることで、胃腸の働きをサポートしましょう。

  • 生姜:体を温め、消化を促進します。

  • 大根:消化酵素が含まれ、胃腸の調子を整えます。

  • 山薬(やまいも):消化吸収を助け、体力をつける効果があります。


3. 水分補給に気をつける

湿気が多いときでも、水分補給は重要です。しかし、冷たい飲み物は避け、体を冷やしすぎないようにしましょう。

  • 温かいお茶:特に、緑茶やほうじ茶など、体を温めるお茶がおすすめです。

  • 梅干し入りの温かい水:梅干しは酸味があり、消化を助け、胃腸を元気にします。


4. 避けるべき食材

湿気の多い季節には、体に湿気を溜めやすい食材を避けることが重要です。

  • 脂っこいもの:消化に負担がかかり、体に湿気を溜めやすくします。

  • 甘いもの:砂糖は体内に湿気を溜める原因になります。

  • 乳製品:ヨーグルトやチーズなどは、湿気を溜めやすい食品とされています。


まとめ

梅雨の時期は湿気が体に与える影響を考え、食事に工夫を凝らすことが重要です。鍼灸の視点から、湿気を取り除き、消化を助ける食材を選び、体のバランスを保つことを心がけましょう。適切な食事法を取り入れることで、梅雨の季節も元気に過ごすことができます。健康な食生活を通じて、梅雨の湿気に負けない体を作りましょう。

最新記事

すべて表示

Untitled

ハイフの医療機関以外での施術がついに禁止されましたね🤔 それに関して私の持論を、、、 配布も含め、脱毛だったらシミ取りだったら、 クリニックでメインである治療だけど、エステでも気軽に受けられる施術ってありますよね。 だったら私は受ける側としては、絶対にクリニックで受けることを選ぶ🤔 そして、ハイフとか脱毛ってサロン経営目線で見たら魅力的ですが、リリースでは絶対に取り入れるつもりがありません。

お知らせ:ホットペッパー予約の料金変更について

いつもリリース鍼灸院をご利用いただき、誠にありがとうございます。 このたび、お客様に大切なお知らせがございます。 リリース鍼灸院では、予約システムとしてLINE予約とホットペッパー予約を利用しておりましたが、運営上の都合により、ホットペッパー予約からのご予約に関して料金を以下の通りに変更させていただくことになりました。 【内容】 再来のお客様がホットペッパーを通してのご予約のみ、料金を通常料金×3

Comments


bottom of page